20代自動車保険の費用相場

運転者と年齢条件の絞り込み

20代は等級の低さ、運転歴の浅さによる事故リスクの高さを理由に、自動車保険が30代以降に比べて高くなりやすいと言われています。費用の負担を軽くする有効な手段の一つが絞り込みです。自動車保険は、運転する人を絞り込んだり年齢条件を厳しくすることで保険料を安くすることができます。運転者限定は文字通り、保険の対象となっている車両を運転する人を絞り込む物です。自分以外は運転しないという使い方をしているのであれば、本人限定にすることで大幅な減額が実現できます。年齢条件も同様に、一般的な全年齢対象から特定の範囲の契約に変えれば出費を抑えることが可能です。年齢条件は21歳以上より26歳以上の方が安いなど、年を重ねるほど下がるので適宜見直しをする必要があります。

月払いから年払いに変える

自動車に限らず保険料は支払い方法でも金額が変わるのが特徴です。自動車保険の支払い方法は月払いが一般的ですが、1年分をまとめて支払う年払い契約に変えることで、トータルの出費を5%程度安くできます。車両保険付きで契約をする場合、20代の平均相場時は15万円前後なので、一括で支払うのは難しいのが実情です。しかし、初回契約時に15万円支払うことができれば、以降は月額契約で支払う分を貯金に回せばいいので生活の負担は同じになります。契約の途中で車を処分したり他の保険会社に乗り換えた場合でも、差額分は返還されるので心配はありません。割引率は5%程度でも、支払うお金が高いので総額にして年間1万円近く安くなる計算になります。